読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rapで語るstorytellerが狼煙をあげるんだ

2016年4月15日金曜日(よいこの日)
有岡くん、25歳の誕生日おめでとうございます。

有岡くんへ向けて何を綴ればいいのか全くわかりませんが、自由に、私なりの言葉で思いをぶつけてみようと思います。

おじゃんぷちゃんたちをひたすら「可愛い」と愛でたい私。有岡くんが可愛いのは言うまでもありません。童顔なのも、行動や思考が中二病気味なのも、あの輝く笑顔も彼だけのもの、彼にしか出来ない顔。見るだけでこっちも笑顔になれちゃう魔法を彼は持っています。なんて素敵な魔法使いなんだっていつも思います。「天真爛漫」なんて彼のためにあるような言葉なんじゃないかなあ…と自担への贔屓目は止まることなく日々募るばかりです。
有岡くんの魅力は「とても近い存在に感じること」「人間味がある」という点だと勝手に思っています。そう、いわば
爆モテなリア恋枠
というわけです(周知の事実)

バラエティ向きのキャラクターに可愛い笑顔、明るい性格、まるでクラスメイトかのような親近感を持つ彼は立派なアイドルなわけで。手が届きそうで届かない!絶妙な位置で潜むアイドルなのです。小学校の頃は運動神経がいい人がモテるという法則があるように、女子のツボを捉えている人こそ有岡大貴です。可愛いのにかっこいい。このギャップが大好物な人は沢山いるはずです。え?有岡くんは可愛いんでしょ?と思った皆様ごめんなさい。嘘をつきました。知っているとは思いますが、アイドルな有岡くんはかっこいいんです。歌声は切なく、透き通る声から攻撃的かつリズム感のあるラップまで幅があります。曲に化ける声を持っていて、柔軟な表現力があるなあといつも勝手に惚れ直しています。作詞をすれば言葉遊びも豊富な人。ラジオではあんなにおバカちゃんなのにどうしてここまでセンスのいい曲が書けるのか…恐ろしいし、編曲のセンスとかアイデア力とか他のお仕事につながらないかな!!!と声を大にして言いたいことのうちの1つ。TimeとHurry Up!の編曲が有岡大貴ってもう泣くしかなくないですか…?Timeの間奏に有岡くんが「Hey!Say!JUMP」って吹き込むアイデアなんてセンスの塊です。早く高木くんとTimeのアンサーソング作ってくださいね。有岡くんの歌声にやられたい方はぜひともHey!Say!BESTの「スギルセツナ」「スルー」を聴いてみてください。ふざけるだけじゃない!かっこいいBEST兄さんに酔いしれてください。

さて、有岡くんの9年目の自画像をお読みになられましたか?P誌の企画で現在も続いているJUMP1人ひとりへのインタビューです。「いつも笑顔の男」という代名詞がありました(まずここからぐっときてしまう)。有岡くんは「有岡大貴のファンでよかったと胸を張って言ってもらえるようになりたい」と言っていました。…では、私が言うよ、
有岡くんのファンでよかった!!!!(大声)
ありがとう。としか言えない私。有岡くんに出会ってからたくさんの新たな出会いにも恵まれ、アイドルとしての有岡くんも、人としても、尊敬する人です。有岡くんの人生の大きな転機の1つである屋久島旅行。彼はその目に何を見たのか、何を決意したのか、もしかしたら具体的に何かをつかんだわけではないかもしれないけれど、もっと具体的に語ってほしい(1万字インタビューとはまた別にね)。とことん語って普段は見せない表情も見たい。いつも笑顔だからこそ、隠れている部分もあるのかな、とついつい考えてしまいます。
ですが、ここで山田くんの言葉を思い出します。「大ちゃんは本当に裏表がない。みんなが見てる大ちゃんがありのままの大ちゃんだよ」と言っていました。賛否両論があるとは思いますが、なにも疑わず、信じています。そうなんだと。有岡くんっていいなって、内面のカッコ良さを知ったような気がします。そんな彼の無邪気さを、あっけらかんさを、メンバーもファンもそりゃあほたっとくはずがない!どこまでも魅力的です。

有岡くんの目標には「お芝居」を意識しているところがあるなあって思っていて、塗くんを演じることが出来た2015年は本当に特別な年でしょう。ぜひ、またお芝居をするチャンスをつかんで、雑誌で華々しく単独表紙を飾ってほしいというのが甘々有岡担である私の夢です。山田くん、裕翔くんが映画の宣伝シーズンにたくさんの雑誌で単独表紙を飾り、ずらーっと並んでいる光景を見た時、これが有岡くんだったら。と考えました。胸熱すぎていっぱいいっぱいでした。いつかそんな景色が見たいな。MCだって上手いんだから、いつか任されるといいなあ、なんて。
私の父は「有岡くんは本当に真面目だから不器用だね」と言いました。バラエティで頑張ろうとすればするほど空回る。面白くしようとしてオチが上手くいかない。「彼らしい」と言えなくもないですよね。そのがむしゃらさが彼の持ち味なんですから。最近は彼のホームグラウンドともいえるヒルナンデス!にて大活躍の模様!(私はヒルナンデス難民です…)ボケもコメントも堂々とし、笑いを取っていく有岡くんが楽しそうでこっちも嬉しくなります。度々、ヒルナンデス!のお仕事に出会えてよかったなあと思います。まさに、アイドルとしてではなく有岡大貴として輝ける場所の1つ。その笑顔でお昼の時間をさらに明るく照らしてほしいです。

長くなりすぎましたが、改めて有岡くんに感謝出来て大変満足しております。彼のような人柄に憧れるばかりです。キリがない憧れだとしても、私はその人間性が好きだ!かっこいい!と言い続けたいです。

有岡くん誕生日おめでとうございます。25歳の彼に笑顔あれ!