JUMPartyという名のホームビデオ

JUMPのCD特典として存在するJUMPartyをご存知でしょうか?
抽選で1万人の方しか獲得できない、ファンなら喉から手が出るほど欲しがるものです。
(ちなみに、私は当選したことはありません…)

過去6回世の中に出たJUMParty。
どのようなものだったか簡単に説明させていただきます◎

第1回:overの特典にジェンガ大会
第2回:SUPER DELICATEの特典にかるた大会
第3回:Come On A My Houseの特典にボウリング大会
第4回:Aino Arika/愛すればもっとハッピーライフの特典にスリックカート大会
第5回:ウィークエンダー/明日へのエールの特典に秋の体力測定大会
第6回:JUMPing CARの特典にアーチェリー大会

と、このようになっています。ここら辺は検索かければ簡単に出てくる情報ですが。(笑)

ここで、私事ではありますが!例の中島担と知念担の友人と第6回JUMPartyを鑑賞したのでここにレポとして残しておきたいと思います。簡単に言えば、3つのチームに分かれアーチェリーをし、上位のチームから豪華な食材でBBQをするという企画です。ちなみに、撮影地は北海道でちょうどJUMPing CARnivalのツアーの時期でした。
では、まずはチーム編成からご紹介します。
チーム北:山田、八乙女、岡本
チーム海:知念、薮、伊野尾
チーム道:中島、有岡、高木
お分かりでしょうか。このチーム編成!コンビ厨には語りたいポイントが多すぎます。まずは、チーム北。カーストが出来上がっています、上下関係がはっきりしすぎています。完全に圭人が山田くんと光くんに逆らえない、いじられる、一番下の扱いを受けます。それなのに「やまちゃんとは何でも話せるんだ。」「光くんのことはお兄ちゃんと思ってる。」と2人のことが大好きな圭人…(泣)そのことを知っているのでやまひかコンビもにこにこしながら圭人をいじって楽しむという絡みが見れますね。
次は、チーム海。1番可愛い。ちらつく不安定感にメンバーがそわそわして「大丈夫?」って声をかけたくなる、いやかけなくてはならない!という正義感を掻き立てられても無理はないことでしょう。むしろ、納得してしまう領域ですね。(^◇^)な顔で終始眺めてられるチームです。最後は、チーム道。あれ?芸人ポジションをあえて集めたのかな?と聞きたくなるくらいわんぱくな3人がそろいましたね。裕翔くんのボケにたかありがゲラゲラ笑って…なんとも平和な空間。高木くんがわんぱくだって?と違和感を感じたみなさん。高木くんは超絶可愛いリアクション芸人ですよ!!!大声
有岡くんの「裕翔がいるチームは勝つんだよ!」ってすでに勝利を確信したような発言がまあ何とも可愛いです。小学生が運動神経がいい人と同じチームになって「やった!絶対勝てる!」ってきゃあきゃあ言ってる姿と何ら変わりません。あと、高身長のたかゆとに挟まれる有岡くん…ごちそうさまです。

はい、それではアーチェリーのほうに話を進めましょう。結果を言ってしまえば有岡くんの宣言通りにチーム道が圧勝します、が!この結果に至るまでの過程に様々な事件が発生します。

・Hey!Say!ポンコツ!JUMP
・地面に矢が刺さる
・Standby Fire!!

まず、ゲーム開始前に「こんなに的まで近いの!?」「余裕でしょ?」と口々に言っていたおじゃんぷ。でしたが、あまりにも出来が悪く結局「俺らよくこんなこと言ってたよな(笑)」とポンコツさを自覚します。そんな中でも、薮ちゃん…力がなさすぎるのか、弓を引っ張れず地面に矢が刺さるという珍事件を起こしました。そんな最年長に手取り足取り指導する光くんやその他のメンバー…可愛い!ハナマル!◎指導の結果は?はい、ご想像の通りですね。人には向き、不向きがあるんですね。そんなところも可愛い。
そんな中、革命児が現れます。中島裕翔です。余裕そうに構えた後「standby…fire!!」の一言で放った矢がなかなかいい位置に刺さる上におじゃんぷ大爆笑。テレビ越しの私も大爆笑。有岡くんは「なんだそれ!かっこいい!」と中二病感炸裂…これぞHey!Say!JUMPという瞬間をこれでもかと見せつけられました。なんだこれは。まるでホームビデオ。見るだけでにこにこしちゃう。

ここで終わりかと思いきや。最後はBBQをします。食材を結局みんなでシェアしてしまうおじゃんぷ。「やっぱり俺たち仲良いから結局こうなっちゃうんだよ~~」って自覚しているあたりが素敵すぎる。ひたすら肉食べて「うめ~~まじうめ~~」って叫ぶ映像…Oh…ミートブラザーズ…(ありやまのことです)メロン食べさせるのね…ありがとう(墓)
普段はお肉を焼いたりしない知念ちゃんがお肉を焼けば山田くんは「知念にお肉焼かせないで」その他のメンバーは「え?知念が焼いたの?すごいね~~!!」ってでれでれな皆様。お肉焼いて褒められる知念ちゃんが天使すぎます。ありがとう。

はい、何ともまとまりがないですがここらへんで締めようと思います。いつか皆様が選ばれし1万人のうちの1人になりますように…

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival DVDレポ

コンサートDVDを見た個人的な感想をここにまとめたいと思います。
まず、今回のDVDでお気に入りのポイントを挙げます。

・カメラワーク
・衣装
・演出

1つ目は、カメラワークです。例えば曲が始まるとき、終わるときにきっちりとメンバー全体が映るようなカメラワークが多くてフォーメーションが綺麗だなあとついつい見ちゃいました。JUMPing CARは正面から、Boys Don't Stopは斜め下からのアングルで曲調にもぴったりです。ステージの後ろから映されるのも新鮮でしたね!曲終わりに照明が消えて、次の曲までの空白の時間。ピシッとしている姿や、メンバー同士でわちゃわちゃしている姿も特別で。そこもまた、DVDならではのシーンで私はとっても好きです。Ride With MeからJUMPing CARの流れも照明も大好きです。暗がりの中で、「Fu Fu!」という歌詞のところで嵐兄さんのLove so sweetのような振付けが拝めます。なんでいうことでしょう(かわいい)。素敵です。山田くんにやっとしてます。かっこよすぎます。あの、ジャケットをみんな脱いで肩にかけるというか…片手で持って肩に引っ掛けてますよね?あれを考えた方、どなたでしょうか。天才だと思います。その他にも、メンバー同士の絡みを入れたり、ステージ上に設置してるのかな?アップのカットが多くていい顔したJUMPがたくさん詰まっています。「ファンがほとんど映っていない」と言ってる方がかなりいるなあと感じましたが本当にその通り!アリーナのファンさえもほぼ映っていません。マリンメッセ福岡に入った時に見ましたが、花道にもカメラ付いてましたね…その効果ですかね。(ああ…そういやそのカメラに向かって光くん回し蹴りしてたなあ。かっこよかった。)

2つ目は、衣装です。CARnivalはチェック衣装が人気なんじゃないですかね~?とっても可愛いですよね!
知念担の友人がチェックしていたのですが、メンバーでジャケットの袖のデザインが違うんですよね。スーツみたいなデザインの人に、ワッペンがついている人、貴族みたいなおしゃれなデザインな人もいました。…これを山田くんが考えたって相当胸熱ですよね。メンバーのこと分かりすぎてないか?(やぶひかにロングジャケットを与えるあたりとか特に)スカートのようなものもそれぞれ違っていいですよね。なんだ、このかわいいかつおしゃれな衣装は…
あと、個人的にですがダンス曲が続く流れ(Beat Line,愛よ、僕を導いてゆけ、Boys Don't Stop)の衣装が白だったことは衝撃でしたね。黒とかのシックな雰囲気でいくのかと思いきや。白という「無」を連想させる色でしたね。そこに照明によってBeat Lineでは黒、愛よ、僕を導いてゆけでは赤、Boys Don't Stopでは青、蛍光色を表現していたなあとすっかり世界観に惹き込まれましたね。同じ衣装なのに違うものに見える。JUMPマジックですね。さらに、ひらひらとしたデザインだってので踊るたびにまあ華やかです。どれだけ動けるんだ…と脱帽です。まさに、全身で訴えるパフォーマンス。狂気的な目を向ける彼らも、憂いを帯びた目をする彼らも、どこまでもかっこいいパフォーマーです。

3つ目は、演出です。Fantasistのグレードアップ感。ステージと連動させるのは盛り上がりましたね。有岡くんの黒マントかっこよかった…丁度フードを被ろうとするときにアップになったので大満足です。フード被るダイキ好きですね◎
そして、SUPER DELICATEのコンビ…ごちそうさまです。コンビ厨には天国のような時間です。DVDにやぶありが選ばれたことには一生かけて感謝したいですね。ええ。ずっといちゃこらしてダンスに戻らない!全体映して、またやぶありが映って、ああ!まだ見つめ合ってる!と大変楽しませてもらいました。ひかちねのちゅー(未遂)、たかけとのキラキラスマイル(まぶしいし、笑顔が綺麗すぎる)、やまゆとの2人だけの時間(あ…あれ?付き合ってるのかな?)に入るマシュマロ(いのさん可愛いまっしろしろだよ)ってなんだこれ突っ込みどころが多すぎてまとまらない。
あとは、毎度コンサートの定番!Beat Lineの演出がとても好きです。曲前のライト演出も、中間のダンスも。ダンスはちょっと見たことないような気持ち悪さのある不思議な振りでしたね。照明の効果も加わって異次元の雰囲気がでてましたね。いい意味で人間味のない演出だったイメージを持っています。あんなステップどこでやるんだってくらいに難しそうなダンスしてましたね。


最後に、たくさんのアドリブをきかせてくれたおじゃんぷにありがとうと言いたいです。歌詞を変え、それに従ってメンバーを映し、にこにこして、グダグダになっちゃって、歌割も変えて、ラップ歌わせて、歌詞変えて、ジャガーズやってってもうまとめきりません。なんて集団だ。ポップでハッピーな知念とピンボールみたいな伊野尾(Chau♯)って何なんでしょうね。幸せですね。もうずっとやってくれって。知念くんが歌詞を変えて、裕翔くんが反応して歌詞変えて、光くんが自分のパートを見失って、高木くんもちょっと間違えて、最終的にハモるところで下パートのいのさんしかいない(愛すればもっとハッピーライフ)って何この楽しいコンサートってなりますよね。

JUMPと共にドライブした2時間半には彼らの今が詰まっていました。

攻めと受け。

本日のテーマもありやまで書かさせていただきます。
まずは、お詫びから。
こちらのアンケートはただただ、Twitter上で私の出来心から始まったもので、
誰担の投票かなのかもきちんと調べておりません。
ブログにきちんと残したいのですが、なんせ初心者のためよく仕組みを理解していません…
いつかは!きちんとまとめたいという願望があるので、とりあえずこの場に資料を残させてください。

では、攻めの有岡・受けの山田と攻めの山田・受けの有岡から説明させていただきます。
単純です、ありやまショットの中で有岡くんから山田くんにアクションを起こしていれば→攻めの有岡
(必然的に受けの山田と名称づけることが出来ます)
逆に、山田くんから有岡くんにアクションを起こしていれば→攻めの山田
(先ほどと同様に、受けの有岡となります)

聞きたいことはただひとつ

「どちらがお好きですか?」

ということです。

ありやまの画像を眺めていてふと浮かんだ疑問から生まれたこの質問。
実際に画像を例として挙げてみましょう。今回は先日発売されたLIVE DVDを参考とします。
f:id:mnm415:20160303021641j:plainf:id:mnm415:20160303021737j:plainf:id:mnm415:20160303021818j:plain

まず、我I Need Youから。
山田くんが有岡くんを引き寄せるシーン:完全に攻めの山田です
引き寄せ方が少女漫画のようです。

と思いきや。ここで瞬時に有岡くんが

山田くんの鼻へチューするシーン:攻めの有岡の逆襲です
恐ろしい…突然かまってもらえたらこんな10倍返しをするなんて。ありやま担胸熱のシーンです。

次に、明日へのエールから。
山田くんから突然有岡くんにおんぶするシーン:攻めの山田の再来です。
このあと、マイクが声を拾っているのですがいまいち何と言っているのかよく分かっていません。
ただ、ありやまが楽しそうなのでそれでもう充分です…

はい、具体例を挙げましたが、いかがでしょうか?
もちろん好きな画像になるにはビジュも衣装も気にしますし、意見は様々だと思います。
実際にTwitter上のアンケートでは攻めの有岡が人気でしたね!アンケート期間にありやまの画像も載せて考えやすいようにしていたので、そちらがお好みの方が多かったようです。まあ、見るからにわちゃわちゃしていて可愛いですもんね。仲の良さが滲み出ていますもんね!(すみません完全に個人フィルターはいっています)

私個人の意見としては攻めの山田が好きです。理由は、山田くんがこのように絡みに行くときは
テンションが高めでとてつもなく可愛いからです。そして、その後にはいつもキラキラ笑顔で笑う自担がいるので「よかったね(泣)」と言ってあげたくなるという自担への贔屓目からきております。
イメージ的に攻めの有岡が一般的な気がするので、そこでレアな攻めの山田が拝めるっていうところもまた魅力なのでは?と勝手に思っています◎
ありやまのビジュは山田くんはストレートかつ暗めの茶髪で短髪(韓国人ぽく見えるビジュですね)、有岡くんは短髪でいてくれれば何も言うことはありません…!(欲をいえば矢印魂のビジュが大好きです)

これを読んだ後に、ありやまの画像を見ていろいろ考えてくれる方が増えてくれたらいいなあ、なんて思っています。コンビの画像ひとつにしても同じものはひとつとしてない。だから、カメラロールには沢山の画像が保存されるのでしょう…そして、容量がないと悩まされる日々。

贅沢な悩みですね◎

近すぎず遠すぎず。

ありやまとは?

なんて、答えのない議題について考えて、
勝手に答えのようなものを導くのって楽しいですね!
(突然どうした)

はい、第2回目の投稿のテーマはずばり!ありやまです◎

ありやまを好きになったきっかけは何だったのだろうか…
ありやま信者の方のツイートからありやまが気になって漁って、
はい!ドボン!!といった感じでしょうか。笑
定期的にコンサートで絡んでくれるから抜け出せなくなっちゃいますよね。
見た目のバランスの良さもなんなんだ一体…(頭抱)

彼らの魅力は双子にも見える、兄弟にも見える、っていう柔軟性があるところ。
家族みたいだけど、あんまりベタベタしないしあっさりしてるからそれもまた違うのかなあ。なんて
じゃあ何なの!!?って個人的にいつもなるんですけど、
「学生みたいな男の友情」っていうのがしっくりきますかね。
お前のピンチには駆けつけるぜ!的な青春ドラマにぴったり。
なんだかんだ、お前が1番だよってエンディングが簡単に想像できますね(泣)
いつも近くにはいないけど、見てるよっていう温かさの塊なんです。
現に、ドラマがあれば頑張れって応援してるし、金田一の時もそんなエピが飛び交っていたし。
そんなさりげなさがわたしを虜にした原因です。
Twitterの固定にしていますが、彼らほど「肩を並べる」という言葉が似合うコンビはいないと思います。
仕事の数の差があっても、どんなことがあっても一緒に歩んできてくれたコンビです。

そして、何といってもありやまで欠かせないのが「山田くんの表情」
いい顔してくれるんですよ、本当に。やわらかくて、あたたかいお顔で有岡くんを見てくれています。
基本、かまってちゃんな有岡くんが山田くんに攻めるので、受けの山田くんはカメラになかなか収まらないことが
多いような気がするのですが!いやあ、横顔が本当に素敵。
有岡担ですがこの時ばかりは山田君が!となります。
お兄ちゃんなのは有岡くんなのに、すっかり山田くんがお兄ちゃん。
そんな彼らもまたいい◎
逆の立場になることもあって、いたジャン(スタジオでひたすら一大事を解決する回)では
有:こういうの好きだろ?
山:うん!(にこにこ)
的なやり取りがあった記憶です。山田くんのこと分かってるお兄ちゃん有岡くんGOOD JOB!!!
JUMPing CARの特典の座談会も最大級にめっかわなありやまでしたね…
気になった方、要チェックです!!

…はい、散々好きに書きましたがどうでしょうか。伝わっていますでしょうか?笑
これからも、彼らなりに支え合って生きてほしい!その姿を拝みたい!
いざって時には助けに来てくれる救世主コンビのありやまです。
キラキラ絶対エースの山田くんの素を引き出し、小学生のテンションに導いてくれる有岡くん。
山田!山田!なかまってちゃんにツンツンデレの割合で面倒見てくれる山田くん。

これからもよろしくお願いします◎
バレンタインのデートはありやまであったと信じてエピ待ってますよ。
と言いながら、やまけとでもありやまけとでも全然ありな私。笑

長々とありがとうございました。

はじめまして。

まずは私の自己紹介から載せさせていただきます。

 
大分に住む大学1年生です。日頃はバイト漬けの日々を送っていますが、それもほぼ全ておじゃんぷちゃんへのヲタク費用となっております。笑
 
Hey!Say!JUMP有岡くんの沼にハマってしまい、すっかりJUMPの虜となっております。Twitterで仲良くしていただいてる方は分かると思いますが、ありやまに過剰反応するところがあります。
要するにただのコンビ厨◎
(また後でありやまの記事載せますね)
姉が薮担ということがあってか、BEST兄さん大好きな完全BEST担となっております。お兄さんなのに頼りない!ポンコツな可愛いお兄さんたちをにこにこと眺めております。
さらに、大事な友人たちと半年前に出会いました。中島担と知念担の彼女たちから聞くセブンちゃんの話は大好きです。おかげさまでセブンちゃんも見逃せなくって充実しております。ゆとゆりの話なんて始めたらもう止まりません。笑
そんなこともあってか、ありゆとちねでテレビに映らないかな…PVで絡まないかな…雑誌で3人の対談こないかな…と日々待ちわびている日々です。
 
そう、結局みんなまるっと可愛くて大好きなのです。
いわゆる\箱推し!/ってのと変わらないのかもしれません◎
Hey!Say!JUMPがもつ空気に惚れたのだと思います。あの仲の良さも、ビシッと集中した時のメリハリも私を沼に引き込むには容易だったというわけです……。
 
このブログでは有岡くんのことが多くなりそうですが、自由に投稿出来たらなあ〜と思っております。
なんせコンビ厨なので、色んなコンビの事を書けたらいいなあ…目標は立てております。笑
 
そこのあなたを有岡担に!をスローガンに投稿しようと思います♡
よろしくお願いします(^∇^)