読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

So Life is Crazy だけど Amazing だから楽しいんじゃない?

2017年4月15日土曜日(よいこの日)
有岡くん、26歳の誕生日おめでとうございます。

このブログで誕生日をお祝いするのは2回目になりました。
去年は事前にブログを書いておいて、何度も入力しては消して…を…繰り返していましたが、今年は衝動的に。(単に時間がなかった)


まず、今年はテレビで有岡くんを何度も観たなあと思いました。ヒルナンデスやいただきハイジャンプ、リトルトーキョーライフなどのバラエティだけでなく有吉ゼミでもよくゲスト出演するようになり、テレビで有岡くんの姿を拝める機会が増えました。のびのびと、楽しそうにロケをしている有岡くんを観るととても癒されました。

本当に、お外が似合うアイドルです。

そもそも太陽や草原といった自然との相性が良いんですよ。晴天に半ズボンにダイキ、みたいなね?

有岡くんは太陽みたいだ、と巷では言われていますが、本当にそうだと思います。あの笑顔は日々ロケでたっぷり浴びてきた太陽の光が数倍にも輝かせてくれているのだと思っています。いつもお疲れ様です。


そして、なんといっても、
↓↓↓↓

有岡くんの目標には「お芝居」を意識しているところがあるなあって思っていて、塗くんを演じることが出来た2015年は本当に特別な年でしょう。ぜひ、またお芝居をするチャンスをつかんで、雑誌で華々しく単独表紙を飾ってほしいというのが甘々有岡担である私の夢です。山田くん、裕翔くんが映画の宣伝シーズンにたくさんの雑誌で単独表紙を飾り、ずらーっと並んでいる光景を見た時、これが有岡くんだったら。と考えました。胸熱すぎていっぱいいっぱいでした。いつかそんな景色が見たいな。MCだって上手いんだから、いつか任されるといいなあ、なんて。



こちらは私が去年の有岡くんの誕生日の時に綴った一部です。まさかこの願いが叶うとは…………ありがとう有岡くん。おめでとう有岡くん。

映画誌を手に取り、フライヤーを手に取り、ますます現実味が増してきて既にそわそわしてしまっています。どんな有岡くんがいるんだろうか。「アイドル」じゃなくて「俳優」としての有岡くんってどんな感じなんでしょうね。


少しこそばゆくて、でもワクワクして、感情が忙しいです。


私のヲタクとしてのスタンスの問題なのですが、あくまで「アイドル」の有岡くんを好きになったので、アイドルを除くその他のことは気にならなかったりします。「Hey!Say!JUMPの有岡大貴」という目でしか私は有岡くんを見れないのかもしれません。なんともまあ自分勝手なフィルター。だってアイドルの世界では物事は全て都合よく考えられるでしょ????私好みの世界だよ???なんていうしょうもない理由です。ダンスして、歌って、かっこよくて、ビジュが最高で、衣装もタイプなもので、雑誌のソロカットが素敵で、たまにありやまショットがあった、ベイジャンが今日も楽しかった、でいい、それで私は満足です。

プライベートとアイドルの境目が見えそうで見えない、こそが有岡くんの魅力と思い、自らそこに飛び込もうとはしません。きっとこれからも。

ですが、「俳優」としての有岡くんをあと数ヶ月で観ることになります。受け入れられないなんてことはないけどそわそわそわそわ、本当に落ち着かないんです。

何度も言いますが、本当にどうしたらいいのかわからないんです!!!そわそわするんです!!!!(うるさい)


とりあえず私は、今後の有岡くんの目標はなんだろうなあ、と思いながら映画館に通い詰めることにします。目標をほとんど実現しちゃったね。でっかいアイドルだ!かっこいいんだあ!敵わないんだあ!


こんなことを言いますが「大ちゃんは本当に裏表がない。みんなが見てる大ちゃんがありのままの大ちゃんだよ」(c.v.山田)を信じています。なんて矛盾……。ごめんなさい去年もこれ言ったと思います……。気にしないと言いながらこの言葉の尊さに甘えきっています。そんなものなのです。ついでに言えば、有岡くんは私のような「アイドル」有岡大貴を見てることを喜んでくれるんじゃないか、受け入れてくれるんじゃないか、と勝手に解釈してしまっています。ファン想いな人だからって有岡くんのことを今日も知ったかぶる私は本当にずるい人間のように思います。


結局、悶々としたところで言葉で言い表せません。語彙力がなさすぎる。



それでもいいや、難しいことはわからないから今日も有岡くんが有岡くんらしく輝くなら万歳だ。


そう思うことにします。


アイドルとファンの距離感を楽しませてもらっています。いつもありがとうございます。



そして26歳の誕生日おめでとうございます。

素敵な銀幕デビューを飾る数段もアップデートされた有岡くんを拝めることを楽しみにしています。今日が良き日となりますように。